■命題:選手は、どのような指導者についていきたいと思うのでしょう?
これを考えることは、
指導者である皆さんの魅力を考えることと等価だと私は考えています。
なぜならば、数多くの指導者の中から、皆さんを選んでついてきている選手がいるからです。
彼らは、なぜついてきているのでしょう?
強いから?勝つから?
もちろん、皆さんは、その要素を持っている。
でも、それだけではないと思います。
もし選手がそれによってのみ選択するのであれば、
勝ち続けるひと、つまり世界チャンピオンにしか師事しないことになりますね。
我々は負けることだってある。
でも彼らは離れない。
そのことだけをみても、この要素だけではないことの証明になるでしょう。
では、上手いから?すごいショットを打てるから?すごく速く動けるから?
もちろん、これらについても、高いレベルのものを持っている。
でも、それだけではないと思います。
もしそうであるならば、
世界最高の技術や移動速度を身に着けたひとにしか師事しないことになりますね。
そもそも世界最高の技術なんて基準自体不明確だし、
もし仮にそれを規定できたとしても、
それらを身に着けたひとが誰なのかなんて、時々刻々変わっていくでしょう。
そんな不安定なもので彼らが選択していないことからも、
この要素だけではないと言えるでしょう。
頑張っている姿をみたから?
もちろん、努力という要素についても、とてつもなく高いレベルで、お持ちです。
でもやはり、それだけではないでしょう。
もしそうであるならば、彼らは頑張っているひとをみかけるたびに、
師事する先を変えるでしょう。
事実として、彼らはついてきている。
なぜ、ついてきているのでしょう?
ここから先は、実際に皆さんの指導をみていないので、
推測にはなりますが、私にはハッキリと目に浮かびます。
それを話す前に、我々は、どういうひとについていこうと思うのか、
あるいは、ついていってるのかについて考察します。
思い浮かべる人物は、たとえば両親でもいいし、愛するひとでもいいでしょう。
なぜ我々は両親から離れないのでしょう?
生涯尊敬し続けるのでしょう?
なぜ愛するひとのためなら、命を投げ出したいとさえ思うのでしょう?
なんとなく好きだから?
違いますよね?
自分のことをずっとみていてくれたからではないでしょうか?
どんなときも!
そう、いつだって!ずっと味方でいてくれたからではないでしょうか?
自分のことを世界中の誰よりもわかろうとしてくれたからではないでしょうか?
・・・ここまで思考がすすめば、なぜ彼らが離れないのか、容易に目に浮かびます。
はい、それらをやってきているからですね。
情熱という言葉で指し示すにはチープとさえ思えるほど、
とてつもなく壮大なエネルギーで。
泣いたり笑ったり、
時にはただ何時間も寄り添っているだけかもしれない
・・・一緒にたくさんの時間を過ごし、
彼らを理解し、彼らにとって何が幸せかを考えて考えて、
考え抜いたことを実行している。
(これは書いてくれたことなので、推測ではないです)
それって、両親や愛するひとがしてくれていることと同じですね。
だから離れない。
これがこの命題に対する私の意見です。